<p class=”dropcap dropcap-borders”>自分でもどんなけ好きなんだよ。と思いますが、2周目でわかってても感動する。鼻から「シーズン1」ってしてるってことはもちろんシーズン2,3,4….もっと続く。神父の件、殺っちゃった件。成り行きが待ちきれない。</p>

<p class=”dropcap dropcap-borders”>目の前に8億円あったらどうしますか?竹やぶで1億円見つけたらどうしますか?竹やぶで1億円だか拾ったひとは生存してる?番組で碌な人生ではなかった。本人も拾わなければよかったと、言ってる。</p>

<p class=”dropcap dropcap-borders”>宝くじに当たることは例外として、大金取得は「使えない」もしくは「使えても微々たる金額」しかも、幸運であるはずの競馬で穴を当てた人が4億中、1億5千万円もっていかれたそうである。しかもこのひとは心情的不服として「脱税という手段をとった」嫌疑をかけられました。

芸能人で万馬券を当ててニュースや話題になるけど、税金で多くを持って行かれて、世間からは嫉妬といわれなき中傷を受けるのに、なぜ言うのだろう?爆笑問題の田中さんは万馬券でたった800万円を当てて、広まってしまった(曰く、そっとしておいてほしかった) 彼の場合、不幸と言えるのではないか?他にも検索したら万馬券を当てて、公表した。もしくは勝手に広まったという人は多い。</p>

1980年4月25日、トラック運転手である大貫久男(おおぬき ひさお、1938年 – 2000年12月2日)が東京都中央区銀座3丁目の道路脇で現金1億円入りの風呂敷包みを発見。拾得物として警察に届け出た

このことが全国に報道され、大貫は一躍時の人になった。一方で自宅には電話や手紙が殺到し脅迫も受けたため、警備員を雇って11日間、自宅を警備した。

一億円拾得事件

」Wikipediaより